桜井電気 コメントはまだありません

テレビが映らないから電気屋さんに見てもらったら
ブースター(増幅器)の故障と言われた。

ブースター(増幅器)ってネットで調べたら
色んなお部屋でテレビを見るときに必要みたい。

でも子供も巣立ちテレビは1部屋でしか見てないからブースターは要らないよね?

と疑問に感じる方もいらっしゃると思いますが
1部屋でしかテレビを見ていなくてもブースターの交換は必要です!

まず始めにブースター(混合器)とは、テレビ放送信号を大きくする機器です。

ブースターの役割は拡声器で例えられます。

例えば、人が話す声が近くでは聞こえていても
離れていると声が小さくなり聞こえなくなりますよね。
拡声器で音声を事前に大きくすることで遠くても聞こえるようになります。

ブースター(増幅器)はアンテナの電波を事前に大きくし同軸ケーブルや分配器を通して
テレビへと送ります。

その結果、テレビが映る為に必要な強さの電波を各部屋に送ることが出来テレビが映ります。

それでは、なぜ、1台しか見ていないのに増幅器が必要か?ご説明していきます。

下の図をご覧ください。

図の通りブースター(増幅器)はアンテナ直下に取り付けます。

アンテナ直下に取り付ける理由は、同軸ケーブルや分配器など損失を事前に補うためです。

図を見て頂いても分かる通りブースター(増幅器)を通して様々なアンテナ部材が接続されています。

その為、既設の配線でテレビを見るには1部屋で見ていなくても増幅器が必要なのです。

ほかの方法はテレビを見るお部屋とアンテナを新たに繋ぎ直す方法がありますが
露出配線と言われる壁にアンテナケーブルを這わせたり
アンテナケーブルをエアコン用の穴から通す方法など
美観を損ね、費用もかかることが予想されます。

その様な理由から当社では美観を損ねなく低コストで修理が出来る
ブースター(増幅器)交換をはじめにご説明させて頂いています。

今日は、増幅器について書き込ませて頂きましたが
皆様の疑問が少しでも軽減できれば大変嬉しいです。

まずは、テレビがおかしいなと思ったら047-362-0034までお気軽にお電話ください。