トイレ交換
桜井電気 コメントはまだありません

トイレをキレイにしたい!トイレのお水を節約したい!
だけど、トイレをリフォームするには出費も大きく、工事も長そうだからめんどくさいとためらっている方も多いのではないでしょうか。

今日は、節水型トイレのリフォームに興味はあるけれど費用はどれくらいなのか、どんな工事になるのか、トイレのリフォームについて見ていきます。

トイレの費用っていくらするの?

トイレいくらするの?高いでしょ?と分かりずらいトイレの本体価格。そこで、はじめは、トイレの本体価格を見ていきましょう。合わせてトイレの特徴もご紹介します。

手洗いありトイレ

洗浄水量:大4.8L/小3.8L 
旋回流と縦回転の水流を発生させて、わずかな水でもしっかりと洗い流します。
アサヒ衛陶 エディ848 39,990円(税別)

次世代住宅ポイントでアサヒ衛陶のトイレをおトクにリフォームしよう

ウォシュレット一体型トイレ

洗浄水量:大4.8L / 小3.6L
渦を巻くような「トルネード洗浄」で便器の中をぐるりとしっかり洗浄。
TOTO CES972 59,990円(税別)



タンクレストイレ

洗浄水量:大5.7L/小4.0L
使うたびに泡が自動でおそうじ激落ちバブル。
パナソニック アラウーノS2 79,990円(税別)



 

トイレリフォームの工事は最短で2時間

トイレの本体価格が分かったところで、工事の時間が長いイメージがあるトイレのリフォームですが、トイレの本体交換だけであれば2時間~3時間で交換できます。床材(クッションフロア)や壁のクロスの張替えを行っても、4時間から5時間程度で工事が終わるので半日でキレイなトイレへリフォームすることができます。※トイレの本体交換だけであれば、エアコン工事(2時間)が工事時間の目安です。

トイレ工事にかかる費用

トイレをリフォームするには通常トイレの本体価格のほかに工事代がかかります。工事代の目安はつぎの通りです。業者によっては工事代がセットになっている場合もありますが産業廃棄物(ゴミ)の処分代や経費がかかるのか事前に確認していただいた方があんしんしていただけると思います。

床排水:50,000円~
壁排水:60,000円~

[排水方法の違い]
床排水:戸建てや一般的なマンションに多く床の排水管に水が流れます。
壁排水:一部のマンションや公団に多く壁の排水管に水が流れます。

※ご自宅のトイレの排水管がどこに接続されているか確認していただき工事費用の目安にしてください。

では、いよいよ工事です。新しいトイレに交換するまでの工事の流れを見ていきます。(工事時間の目安:2~3時間)

1.既存トイレの解体/撤去

ご使用中の便器や給水タンク、配管との接続部分を解体し、撤去します。
※当社では、産業廃棄物(ゴミ)も適正に処分しています。

2.水道工事

老朽化した上下水管を交換し、新しく設置するトイレの排水部分、給水部分を設置します。上下水管の交換目安は新築時から20年以上経過し銅管が茶色く錆びてきたときが交換目安ですが、上下水管はトイレを撤去したときに状態が把握できるため御見積書には費用が含まれていない場合があります。

※必要に応じて水道の元栓を止める場合もあり、その間は水道全体が使用できなくなります。

3.クッションフロアやクロスの張り替え

クッションフロアやクロスの張り替えがあるときは新しいトイレの設置前に施工します。

4.トイレ本体の取り付け

新しいトイレを設置し、配管と接続します。基本的には便器、給水タンク、温水洗浄便座の順番に取り付けます。

5.動作確認/取り扱い説明

最後に通水確認、漏水確認を行います。また、操作方法をお伝えし、保証書をお渡しして、工事は完了となります。

次世代住宅ポイント制度で賢くリフォーム

じつは、約半日でできるトイレのリフォームが次世代住宅ポイント制度を利用してリフォームすれば、リフォーム後にお好きな商品と交換できます。

次世代住宅ポイント制度は、令和2年3月31日までの期間限定の制度で、対象商品を制度を利用してリフォームすると、ポイントが付与される権利が発生し、申請後にポイントが発行され、付与されたポイントでお好きな商品と交換できます。

次世代住宅ポイント数(トイレ)

掃除しやすいトイレ  :18,000ポイント
節水型トイレ     :16,000ポイント

トイレは、掃除しやすいトイレと節水型トイレに分かれポイント数も異なります。付与されたポイントでは、家電・食料品・お米・インテリアなどと交換することが出来ます。ふるさと納税のように交換できる商品が多いので選ぶことも楽しめます。

つまり、キレイなトイレにリフォームして獲得したポイントで家電や食料品がゲットできるお得な制度です。

※発行の申請は20,000ポイントからできます。

交換できる商品を詳しく知りたい方は、次世代住宅ポイント交換商品ポータルサイトにてご確認ください。

まとめ

トイレ本体は一番安いので39,990円の商品もありトイレ工事の費用も壁排水で50,000円~トイレリフォームにご興味がある方はリフォームした後に商品がもらえるお得な制度がある今のうちにご検討されてみてはいかがでしょうか。